--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2010'04.07.Wed

ぶらり休日

ぶらりと休日を過ごしました。

アバターは3Dだったと知ってびっくりした。
新時代の到来でした。

あとあと松丸本舗がすごかった。
あー。
本屋の夢をこの人はやっている。
と思いました。

家に帰ってずーっと前に作っていた二丁目七番地内の現代話の登場人物関係図を整理して、
年齢順とか世代順とかに並べてみて
あーこの人達同じ世代だったんだ、とかやってました。

えーと以下、どうでもいい豆知識なのでたたみます。



基本的にサイト内の現代話とファンタジー話はそれぞれ一つの世界のお話なので、
お話につながりがあったりします。
たとえばファンタジー話では書籍化されている姫君にリグリア帝国のことが出てきたりします。
あと短編の「戦うふたり」は姫君と同じ東大陸のお話です。

ファンタジー話はあまり登場人物同士の直接のつながりはないのですが
現代の場合はけっこうあって、お話しにするつもりがない繋がりを挙げてみると、
ええと、
たとえば河野武士君の婚約者だった立科知恵さんの甥っ子が立科桜太君だったりします。
あとかなりわかりにくいですが、短編の「恋シ ワガ雨」の加藤雨さんと「草津の湯でも治せまい」の短編に出てくる加藤露子さんは姉妹だったりします。
ちなみに加藤家は四兄妹で、皆年齢が離れています。長兄と末の妹はまだ作中に出てきてません。

他にもいろいろ。
完全に趣味です。
こんなことやってるとあっという間に時間が過ぎるから不思議です。
スポンサーサイト
日々トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。