--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2008'12.29.Mon

先を考えられない脳

基本的に先に先にを考えられない脳みそです。

店の棚を変えようと本を返品して整理したはいいものの空いた場所に入れる本を注文してなかったりが多くて、店の棚はすかすかです。
すみません。
だからお話もプロット通りにいったことがないしまずプロットを考えるのも時間がかかる。
というかプロットなんかないに等しい!のだ!
すみません。
姫君も、新祢は最初は屋敷の屋根裏にすむ本当に幽霊みたいな存在でした。
魔女もあんなに前面に出てなかった。
うーん。
でも書いてるうちに変わってきたり、一回書き上げてから変えたりで、担当様には本当にご迷惑をおかけしました。
そんな理由で今自分が考えている話がどれくらいの長さになるのかがわからない。
河野さんの一話完結の長さには慣れましたが。ん?慣れましたか?たぶん。
あれくらいの長さは書きたいことだけ書いたらいいので楽です。

でももっと長い話を書くときはそういうわけにはいかないし
書かないと思いつかないのですがそれがあまりに手探りなので怖いというのは
嘘つき女~の時に実感しました。
連載って怖い。

なので、今回上下巻になったのか完全に予定外で今後は基本的に
続く…
ってことにはならないはず。
自分の首を絞めるだけなので。

もっと広大なる脳みそが欲しい。
もっと計算してお話を書けるようにならなければと思う日々です。
スポンサーサイト
日々トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。