FC2ブログ
2011'05.25.Wed

復活!!

ネット繋がりました!
が、ちょっと忙しくてまとまった時間が取れないので、投票の集計を来月にさせていただきたいと思います!
本当に申し訳ございません。
今のところもう姫君がぶっちぎりです!
ありがとうございます!
ええと、3日に!たぶん!頑張ります!すみません!

ええとー。
私がネットの世界から離れている間に姫君達の晩餐の焼き菓子が発売になりました!
完結です。
応援してくださった方々本当にありがとうございました。
当初担当様にサブタイトルにはコース名を入れてーみたいなお話をしていた時、
デザートまで行けたらラッキーですね!くらいのお話をしていたのに、
こうして無事デザートまでたどり着くことができました。
それもこれもすべて、この本に関わったすべての方々と、姫君を応援してくださった皆様のお力のおかげでございます。
本当にありがとうございました。

今後も皆様に楽しんでいただけるお話を作り出せるよう頑張りますので、
どうぞよろしくお願い致します。

ではでは、
以下、お問い合わせの多いおまけの子供達についてのお話です!
ネタバレというわけではないと思いますが。。。
一応隠してみます。

眠り姫に結局子供は生まれなかったの?
というご心配のお言葉をいくつかいただきましたが、
大丈夫です。
オウナとヒサネが新祢と王伊の子供です。
そしてロウが早苗と広兼の、アレイが珀蓮と鳥代のそれぞれ息子になります。

おまけでは皆カタカナで名前を書きましたが、
ロウ=瓏
アレイ=亜令
オウナ=王菜
ヒサネ=久祢
となります。
ロウは魔女で、葫に魔法の使い方を教わっています。媒介は血液です。
ロウは魔女なので、この後もずっと生きて、また他の物語の主人公になります。

最初の設定では伊央には兄がいて、その兄は早苗の幼なじみで、
その兄が医者の修行から帰って来たら初恋の君でもある早苗が王子妃になってあまつさえ子供まで作ってて衝撃を受けて。。。
みたいなお話も考えたりしてました。
結局出てきませんでしたが。

この子供達は、私がこのサイトで『姫君達の晩餐』という連作を書こうと思っていた当初からいた子供達です。
そもそもこのお話は、童話の続きを書こうという思いつきから始まったので、
あの童話のお姫様達が結婚して子供ができて皆仲良しで。。。
という妄想が最初でした。
その子供達ががこのような形で、
最後に皆様の目に触れられて本当に嬉しいです。

ありがとうございました!
スポンサーサイト



書籍情報トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL