2008'10.23.Thu

けいごとかんくろう

流星の絆が熱い。
小説じゃなくてドラマの方。
くどかんはすごい。
あの東野さんの暗いダークな小説を、ポップでキッチュなコメディにしたてあげている。
天才だと思う。
まさか東野さんのドラマであんなに笑うとは思わなかった。
とだえりかが可愛い。
すごい可愛い。
超可愛い。
あまりドラマを見る方じゃないけれども、
これだけは絶対毎週見ると心に決めたのでした。
スポンサーサイト
日々トラックバック(0)  コメント(0) 
2008'10.22.Wed

勘違い危機一髪

毎日お店にくるお客様最近いて、
さらに毎日私に話しかけてくる。
このあいだなんか昼勤だった時に、
「今日は12時からですか?」
とか話しかけられて、
気持ち悪い!と保安の人を呼ぼうと思ったら、

その人が保安の人だった。

今度新しく入った人だった。
そりゃ毎日店にいるわ。
保安の人が怪しいって保安の人に通報するとこだった。
あぶねぇ。
自意識過剰すぎた。
日々トラックバック(0)  コメント(0) 
2008'10.16.Thu

カレンダー

カレンダーの時期になった。
私は一応うちの店のカレンダー担当なので、
カレンダーの問い合わせはたいてい私に来る。
そしてお客様はたいてい去年と同じカレンダーをお探しで、
たいていそのおぼろげな記憶しかない。
「猫のひめくり」とか。
「アルプスの写真のカレンダー」とか。
「大きいカレンダーで上の方が山の写真のカレンダー」とか。

そういうの一杯ありますから。

って思うけど、
でもお客様と一緒にカレンダーを探すのも楽しいのは確か。
そんでこれだ!ってのを見つけてもらった時がうれしいのも確か。
でも日々カレンダー疲れです。
定時に帰りたい。

***

メールありがとうございます。
メアドのなかった方に、失礼ながらこの場を借りてお返事を。

miduki様
メールありがとうございました。
うれしいお言葉ばかり、ありがとうございました。
名前を微妙に変えたのは、魔女の設定を変えたからです。少し違う世界なんだよ、という小さな自己主張。というかそもそも適当に考えた名前だったので(汗)完全に変えようかとも迷いましたが、miduki様のような前から読んでいただいている方に少しでも親しみを持っていただけるように、少しだけ変えました。微妙で申し訳ないです。
後半。楽しいと思っていただける作品になるよう、頑張ります!

ゆめな様
メールありがとうございました。
アマゾン。すごいっす。私もお店にない本はお客様にアマゾン薦めたりします。
自分ではもはや面白いんだか面白くないんだかよくわかんなくなってますが、そう言っていただけるとうれしいです。お伽話は幸せにならなくては!と息巻いて書いてます。
私も、ゆめな様のような読んでくださっている方に幸せにしていただいています。いつもありがとうございます。
後半も頑張ります。よろしくお願いいたします。
日々トラックバック(0)  コメント(0) 
2008'10.14.Tue

仕事場で小説を見る

私は本屋で働いているのだけれども、棚に姫君達の晩餐が平積みされているのを見た。
やべぇもう出てるんだと思った。
もしレジにいてこの本持ってきてくれるお客さんがいたら手を握って号泣しながらありがとうございますと言いたいのをぐっと我慢するだろう。

色々考えることがある。
大事なものを見失わないで。
自分の中を探らなくては。
日々トラックバック(0)  コメント(2) 
2008'10.12.Sun

ちょっとだけ真面目なはなし

愛されているということを、
涙が出てくるくらい実感できるというのは、
なんてことなんだろうと思う。
私の中に注がれた愛情はあふれ出て、
小説になったり、
地面にしみこんだり、
空気中に溶け込んで、
きっと世界に漂っていると思えるくらいに。
言葉にできないくらいの、
気持ちが。
涙になって流れ出てくる。
その涙が蒸発して、
雲になって、
雨になって降って来るなら、
きっと世界は愛情にあふれるのに。
ただ流すこの涙がもったいない。
世界を平和にする力を。
今私はきっと持ってる。
そう思う。
そう思うのだ。
日々トラックバック(0)  コメント(0) 
2008'10.11.Sat

猫のひげが一本白い

うちの黒猫のひげが一本白い。
ストレスだろうか。

猫ひげ


そういえば見本誌って複数冊届いていて、その処遇に少し困っている。
実は私本ができる事を母親と友人四人にしか言っていない。
そのひとたちにも、本のタイトルとか、出す名前とかを言っていない。
だって恥ずかしい。
なんというか、小説書いてる自分と普段生活してる自分は別人なのだ。
違う人。
担当さんと登場人物の名前出して話すのだって恥ずかしいのに。
自意識過剰なんだろうなあと思うけれども。
そんなわけで。
複数冊ある見本誌の処遇に困っている。
そのまえに本が本棚からあふれ出ていて困っている。
困っている。

ねこの目つきが悪い。
明らかにガンをつけている。
困っている。
日々トラックバック(0)  コメント(2) 
2008'10.10.Fri

五里霧中

昨日の今日でブログのテンプレートを変えました。
定まってない感が出てますね。
でも拍手が小さくなりました。
トラックバックってなんですか?
RSSってなんですか?
プラグインってなんですか?
お願いだから日本語で書いて欲しい。
カテゴリは分類とか。
テンプレートはブログのデザインとか。
デザインはたぶん英語だけど。
使いこなせない。
2008年秋。

そうだ。
メルマガをやめようと思います。
ただ何にもしてねぇだろおいっていう状態であんまりなので、
最後に以前から言っていた10万ヒット小説(いつからだ。遠い昔すぎる)を配信して有終の美を飾りたいと思います。
ずっと放置していて本当に申し訳ないです。
メルマガ登録していただいている方々、どうかもうしばしお待ちください。
ちなみに10万ヒット小説というのはこのサイトが10万ヒットした時に管理人がお題を募集してそのお題で小説書きますよーと身の程知らずに大盤振る舞いした結果何年も放置された悲しい企画です。
ストーリーは、終わろうとする世界で戦う姉弟の話。
壮大そうな説明ですが、ライトです。
どうぞよろしく。

カテゴリってあれか?
小説に関することとか、日常に関することとかを分類すればいいのか?
やってみよう。
そうしよう。
更新履歴トラックバック(0)  コメント(0) 
2008'10.10.Fri

新しい日

気分を新たにしました。
ブログ初めてなので。
色々手探りです。
なので右側真っ白です。
HP自体も、つくり途中です。
特に倉庫が。
未開通です。
手探りです。
しばし時間をください。
よくよく色々掘り起こしてみたら、
このHPも創立五年になるようです。
そんな年に本が発売されます。

大丈夫でしょうか。

色々と不安ですが。
大丈夫だといいです。
見本誌が届きました!
表紙絵が本当にすばらしくて、帯の文句がまた素敵。
本屋さんで並んだあかつきにはぜひ表紙と帯だけでもいいので注目してみてください。
あ。その帯の中で私個性派新人ってなってました。
個性派。
思えば道で話しかけてきた英会話の勧誘のお姉さんに、「個性的って言われません?」と言われてからこっちそんなレッテルが貼られている気がします。
B型だからでしょうか。
でも個性的な血液型ってABのはず。
ABにあこがれます。
レアってところがまずあこがれます。
Bは結構、献血でももういいですってなってます。

ところでブログってすごいですね!
ボタンを押すだけで文字を大きくしてくれたり色を塗ってくれたりします!
もしかしてホームページビルダーなるものもそういう機能があるのでしょうか。
最初に情報処理の授業でHTMLの使い方を習ってから地道にタグを書いてます。
前の日記もタグは手入力だった。
目が疲れる。
その点これはすごい!
画期的!
これならきっと、もっと日記を書く気になるのではないかと思います。
たぶん。

前の日記はもう使わないので、改めて書籍情報を。
「姫君達の晩餐~食前酒は赤い森で~」
著・山咲黒 絵・起家一子様
エンターブレイン刊 ビーズログ文庫
で、10月14日発売予定です。

そういえばこれを期に、管理人名を改めようかと思います。
こっそり。
ややこしくなりそうなので。
山咲黒で。
今日から。
明日からでも。
どうぞよろしく。


拍手、でけぇ!
どうすればいいんだこれ。
更新履歴トラックバック(0)  コメント(0) 
 |TOP